2017年02月03日

【梅田スカイビルの申告書作成会場】税理士による相談会場、大盛況

2017年2月2日に、大阪梅田のスカイビルで「申告書作成会場」という事で
そして、「税理士による所得税・個人事業者の消費税の相談会場」が
昨日から開催という事で、どれくらいの人がいらっしゃるのかなって。

昨日、午前9時20分頃に、大阪梅田のスカイビルの5階の会場に行ってみると

時間前でしたが、すごい行列になっていました。


「確定申告」したい人こんなにたくさんいるんだって感じです。


やっぱり、確定申告したいけど、難しい、分からない人が沢山いるって事ですね。

「税理士による所得税・個人事業者の消費税の相談会場」という事で

相談したい人、アドバイスもらいたい人沢山いたみたいです。


実際に、大阪梅田のスカイビル「申告書作成会場」で
このような用紙をもらう事ができました。

0203_umedakakutei

0203_umedakakutei1


今日も、沢山、大阪梅田のスカイビルで「申告書作成会場」に
「税理士による所得税・個人事業者の消費税の相談会場」のために

確定申告したい人がいらっしゃっているはずです。


やっぱり、本や雑誌で、あとインターネットの情報で調べたりしても


確定申告って、やり方、書き方がどうしても分からない、理解できない所多いですからね。


【国税庁確定申告書等作成を自宅】ネットやり方で青色申告特別控除

2017年人生初の、青色申告の確定申告になります。
青色申告になりますが、65万円控除でなく

10万円の控除になります。
複式簿記を選択せず、簡易簿記を選択したから

あとは、備付帳簿が
総勘定元帳
仕訳帳

これだけの簡単になっているため

でも、しっかり青色申告の確定申告だけど
青色申告特別控除として
「10万円の控除」がちゃんと設定されている?

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」から
実際に申告書を作成してみたけど

おそらく、意識しなくても、
青色申告特別控除として
「10万円の控除」が自動的に反映されているはず。

でも、どこにそんな項目があったのかな?って気になりました。


まず、答えてとして

赤字であれば、青色申告特別控除「10万円の控除」なし
これに該当してしまっていました・・・

とほほ・・・

では、仮に赤字でなければ
せっかく、青色申告特別控除として
簡易簿記だからこそ、10万円の控除になっている状態であれば
どの申告書に表示されるはずだった??

ネット上で検索してみた感じでは

--------------------------------------------
・青色申告決算書(一般用)
・確定申告書B
その他に「青色申告特別控除額」
--------------------------------------------

こちらの申告書にしっかりと「青色申告特別控除」という項目があったようです。



2017年02月02日

【2017年確定申告】自宅のパソコンでネットから申告書を国税庁のWEB

自宅のパソコンからインターネット上で、確定申告書を作成してみました。
カードリーダー無いし、マイナンバーカードないから

さすがに、パソコンで完結という事は、2017年の確定申告完了できないけど

申告書を作成するまでは
印刷できる状態まではできるようなんです。


自宅のパソコンからネット上で。

さらに、自宅にプリンターないから
コンビニなどで印刷しないといけないけど

PDFファイルとして作成できるようです。


確定申告っていつから??
2017年は、2月16日からという事みたいだけど

国税庁の確定申告書等作成コーナーで
申告書作成をやってみました。

実は、2月1日昨日やってみました。

ちょっといろいろ調べた感じでは
この二つが必要みたい
・青色決算書・収支内訳書作成コーナー
・所得税等の確定申告作成コーナー

国税庁の確定申告書等作成コーナーから
「申告書・決算書収支内訳書等作成開始」

書面提出
印刷して郵送等で提出を選択して

まずは、
・青色決算書・収支内訳書作成が完了して

h28kessan.pdfというものが作成できました。
これをプリントアウトをコンビニなどで印刷すればいいみたい

作成したデータの保存分として
h28kessan.data


次に、・所得税等の確定申告作成が完了して
h28syotoku.pdfというものが作成できました。
これをプリントアウトをコンビニなどで印刷すればいいみたい

作成したデータの保存分として
h28syotoku_kessan.data

人生初で、国税庁の確定申告書等作成コーナーで

自宅のパソコンからネットから
やってみた感じ

手間取りましたが、取りあえず、申告書作成ができたようです。


でも、思ったより早く、簡単にできたかも??

あとは、
確定申告の期限の開始日に向けて

コンビニなどで印刷して、郵送とか?税務署に持って行く事で完了になるみたい。

マイナンバーカード(通知カード)の両面コピーを添付する必要がありそうです。


私は、「通知カード」のみなので、こちらをコンビニでコピーする必要がありそうです。


【青色申告は65万円控除のみでない?】10万円控除の簡易帳簿も?

所得税の青色申告承認申請手続を、前回の税理士無料相談会で

提出するよう手続きしてもらったのですが。



「青色申告」って、65万円の控除が受ける事ができる

これが代名詞だと思いますが。


実は、「青色申告」って、65万円の控除だけでなかったみたい

なんと、もう一つ種類があって、10万円の控除のみっていう


青色申告があるようです。


0202_kaniboki

簡易簿記というものを選択すると

「青色申告」だけど、10万円の控除のみ


私は、こちらを選択していたようです。


通常の「青色申告」って、65万円の控除の方は、

複式簿記という、いろいろ帳簿とかつける必要があるようなんですが



名前の通り、「簡易簿記」簡単だから??

「青色申告」だけど、10万円の控除という事みたいです。


所得税の青色申告承認申請を再確認してみると

備付帳簿名として

・総勘定元帳

・仕訳帳


たったの2つのみを丸しています。


感覚的に、白色申告とほぼ同じ感じが??

「青色申告」「簡易簿記」になっているのかなって??


2016年の税理士無料の相談会で

手続きを教えてもらいながら行ったので


記憶が定かでないのですが


「青色申告」でも簡単な方を選択したのか?勧めてもらったのか?

忘れてしまいましたが。



kakutei2017 at 07:26|Permalink青色申告だけど 

【2017年確定申告の税理士相談】大阪梅田スカイビルで、2月2日から

大阪の梅田スカイビルでも、税理士による相談会があるようです。
前回というか、前年は、白色申告を税理士の無料相談会で

作成してもらえたという感じでしたが。

その時に、同時に、青色申告の申請をしてもらって

とうとう、今年、2017年は、確定申告は、青色申告する事が必要になっているのですが

0202_kakutei

ポスターを再確認してみると

税理士による所得税・個人事業者の消費税の相談会場となります。

「無料申告相談」と明記されていないようですが、
同じような事って考えていいのかな?


今年2017年に関しては、個人的には
自宅からパソコンを使ってネットで
確定申告書類を作成しようかと考えています。

もちろん、今年初めてになるのですが、このような事も

自宅にプリンターないし
もちろん、カードリーダーもないから

全てはネット上で完結できないけど
書面提出する事を前提に
「印刷して郵送等で提出」という方法も選択できるようなんです。

印刷自体は、コンビニなどからできるようだし。


2017年01月02日

【税務署で確定申告?】2017年は、税務署でなく梅田スカイビルで?

地域の税務署を確認してきました。2017年1月1日に
しかし、看板があって、もしかして本当の「確定申告」の時に

ここで確定申告受け付けていないって事なのかも??

看板を見る限り

0102_kakutei


2017年に行う「確定申告」が税務署でなく

梅田スカイビルで行われるって事みたいです。


去年人生初の「確定申告」は
白色申告で、しかも、税理士の無料相談会で

確定申告してもらったので。


2017年の確定申告は、青色申告になり

初めて、確定申告する事になります。


kakutei2017 at 08:43|Permalink税務署 

2016年12月27日

【青色申告の記帳指導】地域で無料で「記帳指導」で弥生会計ソフトも

確定申告ができるように、私の住んでいる「地域」では
記帳指導というのが行われていました。

トータルで、5回

確定申告の説明や、実際の会計ソフトをしようして
実際にパソコンで入力したり

そうそう、弥生会計「青色申告学習用体験版 CD-ROM」をもらう事ができました。

自宅のパソコンにインストールして、入力体験できるようにって事で

あくまでも、学習用の体験版という事ですが


そっか、この「記帳指導」でもらえた
弥生会計「青色申告学習用体験版 CD-ROM」とは
平成27年分のソフトという事で

次回の、平成28年度分でないという事。

本来有料で買う、会計ソフトは
その確定申告をカバーしているものを使用して
入力していって、そのまま「確定申告」の為の書類が作成できるというものになっているようです。

毎年毎年、会計ソフト買い替える必要があるようです。

実際「記帳指導」で
どれくらいできるようになるのか?

うーん、その「記帳指導」の講義の中では
色んな話と、実際に会計ソフトを入力という事ができましたが

実際に、自分の確定申告が会計ソフトをつかって
作成できるかと言われると・・・・

ちょっとさすがに難しい感じも・・・

いやいや、無料で、こういう「記帳指導」が受けられて
しかも、前年用の弥生会計「青色申告学習用体験版 CD-ROM」もらえたり

ありがたい所ばかりになっているはず。

さらに、自分、調べたり、確認したり

うーん、「青色申告会」を検討したり・・・

やっぱり、インターネットで情報を入手したり

本屋さんの本を買って・・・・


やるしか、なさそうな所も・・・・


「税理士」さんにお願いするのお金高いみたいなので

おそらく、そこまでするほど、難しいものでないはずですが・・・

kakutei2017 at 08:24|Permalink記帳指導にいって 

【青色申告だから65万控除でない?】確定申告を前に再確認で簡易簿記

また、確定申告の時期が近づいてきましたが。
前回、人生初の「確定申告」は、白色申告になりました。

といっても、「税理士の無料相談」で
全部手続きやってもらったので、その「白色申告」も良く分からないままで・・・

何も、まったく、手続きなしで
開始になった事で、何もやっていない状態で「税理士の無料相談」に行きましたから

本来は、開業届出書など、必要だったようですが

そんな状態だったので、「白色申告」しかできない状態でした。

「税理士の無料相談」で
白色申告をやっていただいて、その流れで
・個人事業の開業届出書
・青色申告承認申請書
を税理士の人に、アドバイス頂きながら提出しました。

青色申告って、事前に申請必要だったようです。

今更ながら、その時記入、提出した
「所得税の青色申告承認申請書」を確認してみますと

・簿記方式
簡易簿記
・備付帳簿名
総勘定元帳、仕訳帳

このように、丸を付けている事を確認できます。

「青色申告」って、特徴的に、65万円控除が受けられるのがポイントだったような
でも「複式簿記」を選択しないと、この65万円控除なしのようです。

「簡易簿記」を選択すると、10万円控除なるようです。

白色申告では、控除なしだから、控除額があるだけ違いがあるようですが。


65万円控除を受けるための「複式簿記」では
帳簿を細かくつける必要があるため?

そして、その対照としての「簡易簿記」になっているはず。
帳簿が、「複式簿記」より少なくていいはず。
その分、65万円控除受けられなくて、10万円控除という事みたいですが。

となると、
私が、平成29年の確定申告では

青色申告で、「簡易簿記」で確定申告するという事になっているようです。



kakutei2017 at 08:05|Permalink青色申告だけど 

2016年04月19日

【確定申告 納税】通知がやってきました

【確定申告 納税】通知がやってきました。
実は確定申告は、すぐに終了していました

確か、確定申告できる日の当日
無料相談できる日にいって、その日に終わっていました

その時に確定した金額を
払う日が、納税する日がやってきたようです

【確定申告 納税】通知は、ハガキでやってきました

私は確定申告の納税は
銀行口座からの引き落としになります

無料相談の時、その方法を紹介されて
書類を記載していました

その銀行口座から、納税する日が
口座から引き落としになる日が、通知されるハガキがやってきました

振替納税のお知らせ
あなたの平成27年分の申告所得税及復興特別所得税を
4月20日にご指定の口座から振替えさせていただきます。


納期区分 確定申告分
振替納税額 103,900円

思ったより、確定申告した日より

実際に税金を払うの遅くなるものなんですね


人生初の確定申告の納税額は
103,900円ということになりました。

kakutei2017 at 10:56|Permalink【確定申告 納税】通知